第10回おもいがわ映画祭

第10回おもいがわ映画祭へ「名作映画」を見に行こう!

おもいがわ映画祭は、小山市民有志のボランティア団体であるNPO法人おもいがわ映画祭実行委員会によって運営されている映画祭です。
本年も、邦画・洋画ともに、おもいがわ映画祭ならではの素晴らしい作品を上映いたします。また、映画祭上映作品の監督さん・女優さん
にご来場頂き、制作秘話などが聞ける舞台挨拶や、全国から集めた、選りすぐりの、レベルの高いショートムービー上映会は必見です!

HOME > ごあいさつ

小山市長:大久保 寿夫

「第9回おもいがわ映画祭」の開催、誠におめでとうございます。
小山市は、「水と緑と大地」の豊かな自然と古い歴史を有し、特に、江戸幕府の成立に道筋をつけた天下分け目の軍議「小山評定」の開かれた「開運のまち」であります。また、東京圏からわずか60㎞の新幹線の停車する、鉄道・国道共に交差する交通の要衝であり、これからも発展する大きな可能性をもったまちです。
また、若者が活躍するまちでもあります。リオオリンピックで金・銀・銅メダルを獲得した競泳の萩野公介君、ロンドンオリンピックに続き、銅メダルを獲得した柔道の海老沼匡君、ともに素晴らしい活躍で日本中に感動を与えてくれました。
そして、市内に13スクリーンもあるこの恵まれた環境を活用した、市民の皆様の手作りによるこの「おもいがわ映画祭」に、市内外から多くのお客様にお越しいただき、心に残る名画を鑑賞していただくことで、「開運のまちおやま」をさらに全国発信し、小山市の活性化に繋がることを期待しております。
結びに、開催にご尽力されました映画祭実行委員会の皆様に深く感謝申し上げ、ご挨拶といたします。

NPO法人 おもいがわ映画祭実行委員会
会長:岩﨑 晴一

 第9回おもいがわ映画祭にあたり、多くの皆様から、開催資金の提供、運営協力、そして映画をご覧いただき、心より感謝、お礼を申し上げます。ありがとうございます。
おもいがわ映画祭は、小山市内に2つの映画館があるという“映画ファン”に恵まれた環境を楽しみ、それを「活気ある街づくり」にも生かそうと2008年に始まりました。

当初は、懐かしい映画や名作を観て、監督や女優、俳優さんらから映画の話(シネマトーク)を聞いて、映画を楽しむ『祭り』でした。しかし現在は、ショートムービーコンペティションも加わり、映画により親しみ、より深く楽しむ映画祭になったと自負しています。

そして私ども、おもいがわ映画祭実行委員会のメンバーは、多くの皆様に映画を観て、楽しんでいただくことが、小山市の『活気ある街づくり』につながると考えています。
『活気ある小山市づくり』へ、この映画祭を機会に心ゆくまで映画を楽しんでいただければ幸いです。

NPO法人 おもいがわ映画祭実行委員会
ショートムービー部門:難波 康浩

 ショートムービーの部門がスタートしたのは第5回目からでした。初回は公募した作品の上映会を開催しましたが、翌年からコンペティションとし、作品を広く募ったところ、非常にハイレベルな作品がたくさん集まりました。この目的は映画を制作する監督や関係者の方々を応援したいということです。

映画は音楽・ストーリー・演技・演出など様々な芸術が集合した総合芸術だと思います。そうした才能の持ち主達が、一か所に集まり喧々諤々意見を出し合う場所を作りたかったのです。

回を重ねるごとに様々な意見やアイデアが出て、開催地「小山」を題材とした部門や、個店や団体のPRなどを想定した短い作品の上映会など、ユニークな企画で盛り上がってきています。

これまでご覧いただいたお客様には、大変好評をいただいておりますが、ショートムービーの楽しさをご存じの方がまだまだ少ないのが実情です。今後はこの魅力を広めるとともに、映像に関わる感性の高い多くの方々に、この映画祭を知っていただけるように活動していきたいと思っています。